BATJ2022年6月セミナー「日本語プロソディーの多様性と音声コミュニケーション」

BATJ2022年6月セミナー「日本語プロソディーの多様性と音声コミュニケーション」

Actions and Detail Panel

Sales Ended

Date and time

Location

Online event

Refund policy

Contact the organiser to request a refund.

Eventbrite's fee is nonrefundable.

2022年6月BATJセミナー 日時:2022年6月12日 (日)9:30-11:30(イギリス時間) 講師: 窪薗晴夫先生(国立国語研究所 名誉教授)

About this event

*チケットがSold outになっていてもWaiting listに登録してくだされば、空きが出た場合は2日前までにはお知らせいたします。

2022年6月BATJセミナー「日本語プロソディーの多様性と音声コミュニケーション」

日時:2022年6月12日 (日) セミナー:9:30-11:30(イギリス時間);懇親会(検討中)

講師: 窪薗晴夫先生(国立国語研究所 名誉教授・客員教授)

セミナー形態:完全オンライン(Zoom使用)

参加費:会員:£5、非会員:£10

定員 50名

参加登録・お支払い: Eventbrite (BATJ会員と非会員のチケットが違いますので、ご注意ください) 

!注意:お申し込みされた後、ご自分の都合で参加できなくなった場合でも返金できませんので、ご了承ください。申し込まれた方には、後日セミナーで使用された資料をお送りいたします。

* お申し込み時に非会員でも会員になるご予定がある方、会員更新の手続き手続きがまだの方は、必ず会員手続きをお済ませになってから、会員用のチケットをお選びください。

June 2022 BATJ Seminar: Diversity of Japanese Prosody in Speech Communication

12th June2022 (Sunday) Seminar: 9:30 AM – 11:30 PM, (Post-seminar social: provisional (BST, London))

Lecture: Professor Haruo Kubozono (Professor Emeritus and Invited Professor at National Institute for Japanese Language and Linguistics)

Participation: Online only (using Zoom)

Fee: Member: £5, Non-member: £10

Enrolment limit:50

Registration and payment: Eventbrite (registration tickets for BATJ members and non-members are different- make sure that you choose the correct one)

! Please note that we won’t be able to refund the registration fee in case you are unable to attend the seminar due to your personal reasons. We will send you the seminar materials after the session.

*If you are not a member yet but would like to join and become a member of BATJ, or you have forgotten about renewing your membership, please complete your membership application and payment first then register the event.

窪薗晴夫先生 略歴

1957年鹿児島県生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)で英語を、名古屋大学大学院で英語学を、イギリス・エジンバラ大学で言語学・音声学を学ぶ(Ph.D. 1988)。専門は音韻論(言語学)。南山大学、大阪外国語大学、神戸大学を経て2010年~2022年、国立国語研究所教授・副所長。現在、同研究所名誉教授・客員教授。2015年より3年間、日本言語学会会長を務める。主な単著に『語形成と音韻構造』、The Organization of Japanese Prosody(くろしお出版)、『日本語の音声』『新語はこうして作られる』『数字とことばの不思議な話』(岩波書店)、『通じない日本語』(平凡社)、主な編著書にHandbook of Japanese Phonetics and Phonology(De Gruyter Mouton)、The Phonetics and Phonology of Geminate Consonants(Oxford University Press)など。

Biography of Professor Haruo Kubozono

Born in Kagoshima in 1957, Haruo KUBOZONO studied English at the Osaka University of Foreign Studies, English linguistics at Nagoya University, and linguistics and phonetics at the University of Edinburgh (PhD 1988). He taught linguistics at Nanzan University, Osaka University of Foreign Studies and Kobe University before he was appointed as professor at the National Institute for Japanese Language and Linguistics (NINJAL). He is now Professor Emeritus and Invited Professor at the Institute. He recently edited Handbook of Japanese Phonetics and Phonology (De Gruyter Mouton) and The Phonetics and Phonology of Geminate Consonants (Oxford University Press).

セミナー要旨

言語は本来、人と人とのコミュニケーション(意思伝達)のために存在する。その一方で言語は変化し、その結果生じた多様性がしばしばコミュニケーションの障害となる。本講演では言語が持つこの二面性を、日本語のプロソディーを題材として解説する。具体的には、語レベルの音調であるアクセントと文レベルの音調であるイントネーションが音声言語において重要な役割を果たしていることを示す一方で、その多様性が地域間/世代間のコミュニケーションを妨げる一因となっていることを論じる。

Outline of the seminar:

This talk demonstrates the dual and self-contradictory nature of language and speech prosody in their relation to human communication. On the one hand, language exists primarily for communication in which prosodic features such as word accent and intonation play pivotal roles. On the other hand, language changes as its basic nature and so do various aspects of speech prosody. This changing nature of language and prosody naturally results in diversity, both diachronic and synchronic. This talk points out that these variations in language and prosody often create difficulties in communication, both across languages/dialects and across generations.

Save This Event

Event Saved